メカニックジュエリー『WAGARAKU』ショップブログ

メカをモチーフとしたジュエリーブランド『WAGARAKU』のブログ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2015.06.19 Friday

文字刻印と、キーボードジュエリーについて

どうもこんにちは、最近健康診断に行きまして
30代にして1年で身長が1cmぐらい伸びてたJUNですΣ( ° ▽ ° ;)
割とビックリしました(笑

それはさておき、工房に新しい刻印を配備しましたので、色んな文字が打てるようになりましたp( ^ ▽ ^ )


英大文字(A〜Z)と数字(0〜9)と英小文字(a〜z)です↑

この刻印は「直」(チョク)と呼ばれる種類で、真っ直ぐな四角柱の先端に文字が付いています↓

こういった刻印を金属にギュッと押し付ける事で、文字が入るんですねー(^^

現在、WAGARAKUの工房にある直の刻印は
●英大文字A〜Z(1.5・2.5mm)
●数字0〜9(1.5・2.5mm)
●英小文字a〜z(2.0mm)
これらは主に平面に文字を打つ時に用います。

因みに、前から工房で良く使っている刻印も紹介します。

↑こちらの刻印は「大曲」(オオマガリ)又は「深曲」(フカマガリ)と呼ばれる種類で、四角柱が途中で大きく曲がっています。

上記の「深曲」よりも、曲がり方が浅いものは「曲」(マガリ)と言います。

何故曲がっているかと言えば、この様に↓指輪の内側に刻印する事が目的だからなんですね( ´ ▽ ` )


WAGARAKUの工房にある深曲の刻印は
●英大文字A〜Z(0.6mm)
●数字0〜9(0.6mm)
細い指輪などにも対応する為に、0.6mmの小さいものを使っています。

様々な刻印を使用する事で、この様なジュエリーも作ることが出来ます↓

最近作ったキーボードジュエリー(アクセサリー)素材はシルバー925です。

この他に、単語や文章なんかも打てちゃいます(^^

刻印を真っ直ぐ打つ為に気を付けているのは、自分の目線と手の動きをしっかり一致させる事ですね。
細かい作業だと、目の動きと手の動きに微細なズレが出てきたりするので(^-^;)
あと、刻印を手に持つ時に付ける「持ち手」も自作のものを使っています。

以上、つたない長文にお付き合い頂き、ありがとうございますm(_ _)m
また、文字打ちに関する事があれば、ホームページ右上の「CONTACT US」よりお問い合わせ下さい( ̄^ ̄)ゞ


※WAGARAKUの最新情報はこちらから↓
Twitte←リアルタイムに日々の作業などのツイートをしています!!
Facebookページ←活動のまとめ的なページです。

→;メカニックジュエリーWAGARAKUのホームページ
 

▲top